36年間の基礎研究と23年の臨床実績

がん三大治療の治療効果と限界

HOME >  がん(癌)治療の知識と情報 >  がん三大療法の治療効果と限界
漢方医学療法について
がん三大療法の治療効果と限界
現在のがんを告知された方に提示される治療方法は手術療法化学療法放射線治療の3種類があり、これをがん三大療法と呼びます。

三大療法にはそれぞれのメリットとデメリットそして治療可能範囲の限界があり、これについて解説していきます。

手術療法のメリットとデメリット
手術療法は、がんを患った臓器やその周辺などを切除する治療方法です。

手術療法のメリット
手術療法のメリットはがん腫瘍を直接取り除くことができるので、がん細胞の転移が発生してなければ高い確率での完治が可能です。

手術療法のデメリット
手術療法のデメリットは人体の一部を切除することになるので患者への負担が大きいことです。
長期に渡る傷の痛みや臓器機能が失われてしまうことで術後の社会復帰が難しくなる場合も多いです。

近年では、医療技術によって切除範囲を狭めることや、部位によっては内視鏡カメラを使用して身体への負担を抑えたまま手術を行えることもあります。

科学療法のメリットとデメリット
がん治療における科学療法は抗がん剤を点滴や注射、内服薬によって取り入れることで広い範囲のがん細胞を攻撃する治療方法です。

科学療法のメリット
既に転移の発生してしまった腫瘍に対しても効果を発揮するため、既に進行の始まってしまったがんに対しても効果を発揮します。

旧来の化学療法は正常な細胞も分け隔てなく攻撃してしまう性質上、副作用のリスクが大きい治療方法でしたが、ゲノム解析技術の進歩や分子標的薬の開発によって、 患者の体質ごとに有効な治療方法の選択や正常な細胞に対する影響を抑えてがん細胞を攻撃する技術が開発されています。

科学療法のデメリット
抗がん剤は基本的に完治は目指せず、がんの進行を押さえ症状を和らげるものですが、抗がん剤自体の副作用で更に苦痛を受ける可能性もあります。

また、分子標的薬などの最新の医療技術は非常に高価なため、経済面での負担が大きいです。

最新の技術というものはどれも魅力的な効能が書かれているものですが新しいものであればあるほど治療に使われたデータが少なさから、後になって重大な問題点が発覚する可能性もあることを考慮する必要があります。
過去にも副作用の殆どない抗がん技術として広まった治療方法がありましたが後に激痛や肺炎などによる致死率の問題の高さが問題になりました。

放射線療法のメリットとデメリット
放射線療法とは細胞が放射線を当たることで分裂をやめて死に至ることや腫瘍細胞は正常な細胞と比べ放射線に弱い傾向があることを利用したがん治療方法です。
患部に対して内側もしくは外側から放射線を当てることによってがん細胞の増殖阻害を目指します。

放射線療法のメリット
放射線療法のメリットは手術と比べて患部を切除することなく治療効果を期待できるため、臓器機能を残してQOLを維持したまま治療を行うことにも期待できます。

医療技術の向上によって治療部位以外への放射線療法のリスクも少なくなっています。

放射線療法は手術療法や薬物療法と併用して行われることもあり、この場合主に再発予防を目的しています。

放射線療法のデメリット
放射線療法は放射線を当てた箇所のみに作用するため、既に転移の発生しているがん細胞に対しては根治的な効果は見込めません。

人体には放射線の耐性が低い臓器もあり、腫瘍も場合によっては放射線耐性が高い場合もあるため、臓器によっては放射線療法が有効ではないケースもあります。

放射線療法には数ヶ月から数年後に副作用が現れる晩期障害が発生する事があります。
可能性は低いですが晩期障害は日常生活や生命に関わる問題になることもあります。
晩期障害は臓器に対して回復可能な範囲を超える放射線を浴びせることで発生する危険性が高まるため、臓器ごとに放射線療法を行える限度が決まっています。

がん治療法には二つの方法があります
がん再発の予防方法