36年間の基礎研究と23年の臨床実績

がん治療法には二つの方法があります

HOME >  がん(癌)治療の知識と情報 >  がん治療法には二つの方法があります
漢方医学療法について
がん治療法には二つの方法があります
局所療法と全身療法とは
局所療法
局所療法とは、がんの早期発見で病巣が小さい場合や、近くのリンパ節転移など病巣が限局されている場合に用いられる治療法で下記のような種類がございます。

・病巣を直接切除する手術療法(外科療法)
・放射線を照射してがんを攻撃する放射線療法
・がんに栄養を送っている血管に、選択的に抗がん剤を注入する動注療法

全身療法(化学療法・薬物療法)
全身療法とは抗がん剤、分子標的薬やホルモン剤等を静脈内注射や経口投与する方法を指し化学療法、薬物療法とも呼ばれます。
局所療法の補助療法として行われ、入院治療だけでなく自宅や職場で働きながらでも治療を行うことができ、全身にひろがったがんや目に見えないがんをも殺傷することができます。
しかし、腫瘍への集積性が低いのでがん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えてしまい副作用を引き起こしてしまいます。

その為、がん細胞に効果が見られない場合でも、正常細胞には副作用があることを認識して全身療法を選択しなければなりません。
がん手術療法・外科療法の手順
手術の妥当性の検討
個々の患者に対する治療戦略は、関連分野の専門家による合議で検討されます。
手術はリスクを伴うため、見合った治療効果が見込めない場合は他の治療法が推奨されます。

主に下記の点をもとに手術の妥当性が検討されます。
・術前診断は妥当かどうか
・手術によって病態が制御できるかどうか
・患者の全身状態は手術によく耐えられるかどうか
・手術以外の治療法との相対効果はどうか
・どのような手術が適しているか

がん手術療法の種類と目的
根治手術 完全にがん細胞が切除出来る手術で、完治する可能性が高い手術です
姑息手術 がん細胞を一部切除する手術で病状や症状を緩和させる目的で行われます
定型手術 治療実績から標準的に実施して良いと評価された手術です
縮小手術 切除する範囲が定型手術より狭い手術で完治を目的とした手術です
拡大手術 切除範囲が定型手術より広い手術で再発防止の為に広範囲に渡って切除します
機能温存 出来るだけ手術部位の機能を残すQOLを重視した手術です
再建手術 機能障害や外見の変貌に配慮し、切除した臓器や器官を作り直す手術です

手術の流れ
手術の妥当性や手術目的、方法などの検討結果は原則として全て患者本人に伝えられ、患者さんはその情報をもとに手術を受けるかあるいは別の治療法を希望するのかを自分で選択します
近年日本でもインフォームドコンセントの概念が普及し、治療方針については患者自身が十分に納得の上、自らの意志で最終決断を下すことが望ましいとされています。
他の医師の説明が聞きたい場合にはセカンドオピニオンを求めることも一般的になりつつあります。
以上を十分に検討し、手術を行う決断し手術日程等を決定します

手術前管理
手術に際しては安全性を高めるため、可能な限り全身状態を良好に保つことが必要です
原則的には手術以前に入院し、全身状態の管理を行います

手術に耐えられる全身状態を維持し循環動態・呼吸機能の維持・改善を行う
血圧、血糖値のコントロール、禁煙、栄養状態の改善、自己血の貯血
手術に悪影響を及ぼす薬の一時中止、他剤への変更

術前計画
手術を行う医師、術中全身管理を行う麻酔科の医師、手術に関わる看護師らによって患者と手術に対する評価が行われ、周術期管理計画が立てられます。

術前処置
全身麻酔が予定されている場合は、麻酔導入時の誤嚥を予防するため、手術前の一定期間は絶飲食となり、腸管内の清浄化を目的に下剤が投与されます。
手術室へ入る直前に、気道分泌の抑制、鎮痛や緊張の緩和を目的に薬物が投与されます。

術後管理
術後、手術のダメージから回復するまで治療は継続されます。
手術創の処置が行われ、点滴や投薬で全身状態の改善が図られます。
術後合併症を発症した場合には対症療法が行われます。
がん化学療法の種類
抗がん剤
抗がん剤とは、悪性腫瘍の増殖を抑えることを目的とした薬剤です。
抗癌剤、制癌剤ともに、抗癌剤の作用機序としては、DNA合成阻害、細胞分裂阻害、DNA損傷、代謝拮抗、栄養阻害などがあります。

腫瘍細胞は、いくつかの種類のものが混在しており、更に薬剤耐性を得やすく、抗癌剤の持つ毒性のため投与量に制限があることが多く、単剤投与は失敗に終わることが多いため一般に多剤併用療法となります。
標的とする分子が異なる薬物、有効とされる細胞周期の時期が異なる物質、用量規定毒性が異なる薬物を併用するのが一般的です。
更にできるだけ相乗効果を得られる投薬を工夫します。
このようにすることで、結果として最小の毒性で最大の結果が得られると考えられています。

抗がん剤はがん細胞だけを殺すわけではありません。
がん細胞だけではなく正常細胞も同時に殺してしまうことで人体に悪影響を与えることになります。
これによって生じる悪影響を副作用と呼びます。

がん細胞は骨髄や口、咽頭、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門などの細胞周期が速く進む部位を標的にすることが多く、対応する抗がん剤を使用することになりますが、同時に細胞周期が早い正常細胞も攻撃されることになり骨髄抑制、悪心、脱毛等の副作用が生じます。

がん細胞の増殖スピードと細胞分化
がん細胞には細胞分化というがん細胞の増殖速度を表す言葉があり、がん細胞の分化には低分化や未分化がん等の細胞周期の短いがんや、高分化がん等の細胞周期の少し長い細胞があり、進行の早いがんは抗がん剤が効きやすく、進行の遅いがんは抗がん剤が効きにくい傾向がみられ、がん細胞によって抗がん剤の薬剤感受性に差がみられます。

抗がん(癌)剤の種類と効果
アルキル化剤DNAの2重鎖に異常な結合を起こし、DNAの2重鎖の切断を誘導したり、DNAの損傷を誘導してアポトーシスをもたらす。
代謝拮抗剤チミジン合成を阻害してDNA合成阻害、増殖阻害をもたらし、DNAに組み込まれることによってDNA異常が認識され、アポトーシスをもたらす。
抗がん(癌)性物質DNAの2重鎖に異常な結合を起こし、DNAの2重鎖の切断を誘導したり、活性酸素によるDNA損傷を誘導してアポトーシスをもたらす。
微小管阻害薬細胞分裂に重要な微小管の働きを止める事により、アポトーシスがもたらされる。
プラチナ製剤DNAと結合してDNAの2重鎖の切断を誘導したり、DNAの損傷を誘導してアポトーシスをもたらす。
トポイソメラーゼ阻害剤DNA損傷修復やDNA複製を阻害してアポトーシスをもたらす。

分子標的治療薬
がん細胞だけがもつ特異的な物質を分子レベルでとらえ、それを標的にした薬です。
・モノクローナル抗体
・チロシンキナーゼ阻害薬
・Rafキナーゼ阻害薬
・プロテアソーム阻害剤
分子標的薬治療剤は、がんの増殖に関わる分子を阻害し、がん細胞増大を抑制します。
副作用は抗がん剤の様な骨髄や上皮細胞には少ないが、間質性肺炎の様に致死的毒性が出る可能性があり、副作用の心配がないとは言えません。

ホルモン療法(内分泌療法)
乳がん、子宮体がん、前立腺がん等はがん細胞の発育にホルモンを必要とします。
その特定のホルモンの分泌を抑制したり、相反するホルモンを投与し、がん細胞の発育を阻止してコントロールする治療法です。
・抗エストロゲン製剤
・アロマターゼ阻害剤
・LH・RHアゴニスト製剤
・黄体ホルモン製剤
・抗アンドロゲン製剤
ホルモン療法の特徴は作用が穏やかで副作用が少なく、長期間(2年〜5年)使用が出来る。
副作用は更年期障害に似た症状や血栓症、肝障害等が考えられます。

補助化学療法
補助化学療法には、手術前に行う術前補助化学療法と手術後に行う術後補助化学療法とがあります。
手術前補助化学療法とは、手術前に抗がん剤で病巣を小さくし、手術を行いやすくする為の治療法です。
術後補助化学療法は手術後の再発予防を目的に抗がん剤が使用され、抗がん剤は比較的副作用の少ないものが使用されます。
副作用により継続を中断したり止めたりする場合もあります。

抗がん剤の効果判定
近年の抗がん剤は、一部には年単位の延命や完治するという効果がみられるようになりました。
上皮細胞癌や肉腫等は抗がん剤で完治させる事は望めませんが、がんの進行を遅らせるのが目的で抗がん剤治療が行われます。

抗がん剤の効果判定
治療効果判定基準 ※日本癌治療学会 判定基準
・CR(Complete Response)完全寛解著効
・PR(Parial Response)部分寛解・有効 病変の50%以上縮小が4週間以上持続
・MR(Minor Response)49%〜25%縮小
・NC(No Change)不変
・SD(Stable Disease)不変 病変の縮小率が30%未満または、20%以内の増加で二次的病変が増悪せず、かつ新病変の出現の無い状態が4週間以上持続
・PD(Progresslve Disease)進行・増悪 最も縮小した時点から25%以上の増大または新たに出現
※この効果判定はあくまで腫瘍の縮小の有無を効果としてみているだけで、本来の目的である延命についての効果は判定されていません。

抗がん剤を投与すると必ずがんに薬剤耐性ができる為、がんは以前より強くなり、進行も以前より早くなる傾向が多くみられます。
なので、単純にがんが縮小したからといって延命された事にはなりません。


また、上皮癌や肉腫における抗がん剤の効果は、高くて30%程で、胆のうがんの様にごくわずかの効果しか期待出来ないがんも多々あります。
つまり、抗がん剤に治療を行う患者は、QOLの低下と短命の危険を十分に考慮されたうえで使用を検討されるべきなのです。

癌幹細胞に対する化学療法、放射線療法の効果
癌幹細胞は、がんの起始細胞(種細胞)と言われ、細胞の分化と分裂を繰り返し、様々な性質のがん細胞を供給することで階層性を有した腫瘍組織を構成しているのです。
癌幹細胞は、がん細胞よりも抗がん剤や放射線に対する強い治療抵抗性や、癌の転移に重要な役割を果たしていることが報告されており、既存の抗がん剤や放射線療法によって癌が退縮したにもかかわらず、再発などが起こる原因の1つになっています。
(がん(癌)知識と情報 癌幹細胞を参照)
がん放射線療法
放射線によるがんの治療の特徴と利点
放射線治療は、放射線が細胞に対して持つ傷害作用を利用してがんを制御する局所療法ですが、その特徴はその両方の性質をあわせ持っている点にあります。

放射線治療の最大の利点は、外科手術に匹敵する確実性を確保しつつ人体を傷つけることを最小限にとどめ、病巣近くの機能を温存できることです。 機能臓器のがんや重要臓器近傍のがんの治療には欠かせない治療法となっております。
一方で適用性のない癌もあり、また皮膚、粘膜、造血組織に対する急性の障害や、組織の萎縮、脆弱化、潰瘍などの遅発性の障害、および放射線による「2次発がん」などの副作用の可能性があるに注意しなければなりません。

がん放射線療法を始めるにあたって
放射線治療法には根治を目的とした放射線治療と緩和を目的とする放射線治療があります。
がんの放射線療法は、放射線治療専門医が行うのが推奨されます。
・放射線とは何か
放射性元素の崩壊に伴い出される粒子線あるいは電磁波の事です。
主に放射線のアルファ線、ベータ線、ガンマ線の3種を指します。
放射線治療に使われる計測単位はグレイ(Gy)で体に吸収した放射線エネルギーの総量を表します。
・放射線の作用
放射線は物質を透過する際その物質を作っている原子や分子から電子を分離させる作用すなわち電離作用です。
人体組織において直接作用として細胞のDNAが電離を起こし細胞を死滅させ、間接作用として細胞内に水酸基ラジカルを生成させ、水分子の電離作用で細胞を死滅させます。
細胞死には放射線照射後1〜3回分裂を経て分裂能を失う増殖死と照射後分裂を行わず死に至る間期死があります。

放射線治療の効果が上がる細胞
比較的少ない線量では分裂細胞に起こる増殖死が主体であるため、細胞分裂の盛んな細胞周期の短い細胞に効果が出やすいです。
放射線感受性が高い細胞(細胞周期の短い細胞)
・腫瘍細胞 特に未分化のものほど高い
・骨髄(白血球等血液細胞)
・生殖腺
・粘膜・皮膚上皮細胞

腫瘍の放射線感受性と治癒線量
各種正常組織の耐容線量
放射線感受性
腫瘍の種類
治癒線量(Gy)
高感受性
精巣腫瘍・リンパ腫・小児がん
(ウイルムス腫瘍、神経芽腫)
30〜45
比較的高感受性
扁平上皮がんの大部分、乳がん
60〜65
比較的低感受性
腺がんの大部分
70〜75
抵抗性
骨軟部肉腫、メラノーマ、膠芽腫
甲状腺がん
80
表−1

各種正常組織の耐容線量
表−2

※がん細胞が大きくなると内部に低酸素細胞(HIF−1)が増えるので放射線感受性が低くなり癌細胞が死滅せず、癌幹細胞が分化、分裂する可能性が高くなる為に、放射線治療が効きにくくなります。
※表−1の治癒線量と表−2の耐容線量をあわせて見なければなりません

治癒線量とは80%〜90%位の確立で腫瘍を治癒できる線量
正常組織の耐容線量とは遅発性反応など回復不能な障害発生率が1〜5%以内にとどまる線量
並列臓器:どの部分も同じ機能を果たしているため、一部の機能が損傷してもその機能を代償できる臓器
直列臓器:それぞれの部分の機能が統合して臓器として機能を果たしている為、一部が損傷されると臓器としての機能が損なわれる臓器

放射線が通過した正常細胞の有害反応(副作用)
有害反応には照射中や照射直後に副作用のでる急性反応(早期反応)と照射後数ヶ月から数年に副作用のでる遅発性反応(後期反応)があり、高度の急性反応は遅発性反応に移行する事があります。

急性反応による症状
・疲れやすい
・食欲不振
・骨髄抑制(骨髄)
・放射線皮膚炎(乾性皮膚炎、湿性皮膚炎)
・粘膜炎(口腔、咽頭)
・痛み
・味覚低下(口腔、咽頭)
・口や喉の乾燥(ドライマウス)(口腔、咽頭)
・声のかすれ(喉頭)
・嚥下障害(咽頭、食道)
・放射性肺炎(肺、胸部)
・咳嗽(がいそう)一般的に咳(せき)と言う(気管)
・下痢(小腸、骨盤、領域)
・頻尿、排尿時痛(尿道、膀胱)
・浮腫(脳)
・頭痛、吐気(脳)
・脱毛(脳)

遅発性反応による症状
・放射性直腸炎
・放射線骨髄症
・放射肺繊維症
・軟部組織潰瘍(繊維組織、脂肪組織、血管、横紋筋、平滑筋、末梢神経組織)

治療可能比とは
治療可能比とは、障害を残さずに腫瘍を治癒できるかの指標です。
治療可能比(TR) = 周囲正常組織の耐容線量÷腫瘍の治癒線量
正常組織の耐用線量:照射後5年間で障害を生ずる確率が5%であるような線量
腫瘍の致死線量:95%の確率で腫瘍を消失せしめる線量
この治療可能比が1より大きい場合、つまり正常細胞の放射線耐性より腫瘍の放射線耐性が低い場合に正常細胞の治癒を目指した放射線治療が成立します。
※腫瘍と正常組織の放射線感受性の差が治療可能比に最も影響する。

放射線治療の種類
・三次元原体放射線治療(3D−CRT)
・強度変調放射線治療(IMRT)
・陽子線治療
・中性子線治療
・定位放射線治療
・画像誘導放射線治療(IGRT)
・小線源治療
・全身放射線治療
・化学放射線療法


がん告知とインフォームドコンセント
がん三大治療の治療効果と限界