漢方医学療法とは
日本冬虫夏草の二次代謝産が持つ、細胞性免疫を高め、がん細胞を抑制する働きと、がん細胞を選択的に抑制する働きに注目し、14種類の日本冬虫夏草培養液抽出物タイプ別エキスと7種類の日本冬虫夏草パウダー ・ 落花生種皮抽出物を服用する療法を漢方医学療法と名づけました。
細胞性免疫とは
一般的に知られている免疫では、がん細胞に免疫回避機構と呼ばれるものが備わっているため、がん細胞に作用しない事が明らかにされています。
細胞性免疫を高めることでIL-2,IFN-γ,TNF-α,などを産生し、Tリンパ球の増殖や分化を促し、マクロファージ、NK細胞、細胞傷害性Tリンパ球を活性化させることでがん細胞を攻撃させます。
がん部位バナー