漢方医学療法の特徴
安心・安全です

漢方医学療法は、安全で副作用の無い療法です。

1993年より長きに渡り述べ6万人を超えるがん闘病者の方々にご使用頂きました。
24年間の長きに渡り服用され、病院での治療と併用して頂いた場合も含め、副作用を起こす心配が無い為、安心してご使用いただけます。

病院の治療との併用が可能です

漢方医学療法は、抗がん剤等の副作用の軽減や手術後の回復を早める効果が期待できます。

抗癌剤と漢方医学療法を併用した場合、モルモットに対しての抗癌剤の単独治療と比べて延命率におよそ2.5倍の差が生じるという研究結果が『2004年日本薬学会第124回年会』で発表されております。

期待される効果

漢方医学療法はステージ薫聞澆凌聞圓んや末期がん患者に対してがん細胞の縮小や消失など多くの臨床報告を頂いています。

漢方医学療法には、腫瘍免疫や抗腫瘍効果、がんの転移阻害、血管新生阻害、全身状態の改善、QOLの改善、悪液質の改善、抗酸化ストレス作用、代謝改善、抗炎症作用、造血機能回復作用等多くの効果が副作用の心配が無く期待できます。
これらの効果は学術研究の成果として裏付けされています。

病状に合わせた療法を行います
漢方医学療法には14種類の日本冬虫夏草培養液抽出物タイプ別エキスと7種類の日本冬虫夏草パウダー・落花生種皮抽出物があります。
患者さんのがん部位や病状、現在の治療法に合わせ服用する培養液の種類を変えています。
患者の状態に合わせた療法を行うことで高い効果を発揮することが可能となっております。

奏功の判断が早い

漢方医学療法は『奏功の判断』が早いことが特徴です。

判断は、早い方で半月、通常一ヶ月から二ヶ月程度でご判断頂けます。

場所を問わず行える療法です
漢方医学療法は、病院の入院中や、ご自宅でもご使用でき、海外にお住いの方でも行うことのできる療法です。

がん部位バナー