36年間の基礎研究と23年の臨床実績

がん治療におけるセカンドオピニオンの役割

HOME >  がん(癌)治療の知識と情報 >  がん治療におけるセカンドオピニオンの役割
漢方医学療法について
がん治療におけるセカンドオピニオンの役割
セカンドオピ二オンとは
最近、日本でもセカンドオピニオンの大切さが浸透してきました。
セカンドオピニオンとはより良い決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「第二の意見」を指します、医療現場では「主治医以外の医師の意見」のことであり、 同じ病気に対して複数の医師から意見を聞くことを意味します。
がんに対する治療法は数多く存在しますので治療法は様々な情報を元に比較検討し選択する事が大切となります。
セカンドオピニオン 受診の手順と注意点
1.主治医に自分の病名、進行度、治療方針の説明をしっかりと確認する。
2.主治医の紹介状、病理検査結果、がんの診断と治療方針の決め手になった画像診断の結果などの資料を持参する。
3.セカンドオピニオンの内容を必ず最初に診断を受けた主治医に報告すること。
4.主治医から説明をしっかり受ける。

1 患者さんの病状や進行度、そして主治医の治療方針などの説明を十分に受けず、それらの内容を把握しないままセカンドオピニオンを受けても比較・検討することができません。
まずは主治医から自分の病名、進行度、治療方針の説明をしっかりと受ける事が必要です。

2 紹介状と検査結果の資料を持参する。
セカンドオピニオンを受ける際には、主治医の紹介状と各種検査結果の現物を持参する必要があります。
紹介状や検査データをもらうためには主治医にセカンドオピニオンを受けたい旨を伝える必要があります。 この際にセカンドオピニオンを受ける医師から直接主治医に情報の提供を依頼してもらう方法もございます。
診療記録の開示を求められた場合に拒否することはできません、また開示を求めた患者さんに不利益となる行為は禁止されています。

3 セカンドオピニオンの内容を主治医に報告する。
セカンドオピニオンの内容を最初に診断を受けた主治医に報告することで、セカンドオピニオンに対する主治医の意見を聞く事ができます。

4 治療法にもメリット・デメリットがある為、治療に対しても違う意見があって当然です。
より良い治療を行うためにも医師との信頼関係は大切にするべきです。
医療現場からのセカンドオピニオン
日本の殆どの病院は、保険診療の病院です。
保険診療のできるがん(癌)治療は、手術療法、薬物療法(化学療法)、放射線療法です。

手術や放射線は、技術や設備に左右されますので十分に検討をされるべきでしょう。
手術症例数の多い病院や良い設備の病院を検討の対象にされると良いのではないかと思います。
薬物療法に於いては、治療指針に乗っ取り行われますので「がん薬物療法専門医」に意見を聞かれるのも良いのではないでしょうか。
がん治療専門医とがん治療認定医の違い
日本臨床腫瘍学会の認定する専門医資格が「がん薬物療法専門医」です。
「がん薬物療法専門医」は、がんの化学療法、分子標的療法、内分泌療法などの薬物療法の専門医で、基礎的な知識と技術を持つことはもちろん、十分な薬物療法の経験と各がんのバイオロジーの理解、標準的な薬物療法や緩和医療を含む支持療法の実践のみならず、先端的な臨床開発研究についても詳細な説明責任が果たせることが求められる資格です。

これに対し、日本医学会の提言に基づいて日本癌学会、癌治療学会、臨床腫瘍学会、全がん協の4団体が中心となって設立した日本がん治療認定医機構が認定する認定医が「がん治療認定医」です。
「がん治療認定医」は、がんを診療するにあたっての基礎的な知識と技術が求められ、専門医の指導のもと標準的治療を行うことのできることを示す資格です。

「がん薬物療法専門医」と「がん治療認定医」との違いを説明するなら「がん薬物療法専門医」は責任をもってがん薬物療法が実践できる医師であり、「がん治療認定医」はがん診療の基本を学んだ医師、これから専門医になろうとする医師に分類できます。

それぞれの資格認定の要件については、日本臨床腫瘍学会の「専門医制度規則」と、日本がん治療認定医機構の「がん治療認定医とは」に詳しく掲載されています。

がん治療認定医とは
認定医は、がん治療の共通基盤となる臨床腫瘍学の知識およびその実践を支える基本的技術に習熟し、医療倫理に基づいたがん治療を実践する優れた医師および歯科医師である。
したがって、がん治療認定医の資格認定に関しては、以下の要件を求めるものとする。

1.がん治療の全相(初期診断から終末期医療まで)における標準的な医療内容に関して説明責任が果たせる。
2.外科治療、薬物療法、放射線療法など各々の専門領域において、その標準的治療に対し、指導医・専門医との連携のもとに適正医療の継続に協力できる医師と認定するに必要不可欠な知識、医療経験を有する。
3.外科治療、薬物療法、放射線療法など各々の専門領域において、先端医療(臨床開発研究)の内容が理解できる。

がん治療専門医制度がある学会
専門医制度
学会
婦人科腫瘍学専門医日本婦人科腫瘍学会
放射線治療専門医日本放射線腫瘍学会
がん薬物療法専門医日本臨床腫瘍学会
皮膚悪性腫瘍指導専門医日本皮膚科学会
がん治療認定医日本がん治療認定医機構
口腔がん専門医日本口腔腫瘍学会
小児血液・がん専門医日本小児血液・がん学会
脊髄腫瘍の専門医制度脳神経外科 日本脊髄外科学会
整形外科 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
上記のタイトルで検索頂くと全国の認定専門医が見つかります。
がん診療連携拠点病院
厚生労働省健康局長通知の「がん診療連携拠点病院の整備について」に基づき、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、全国397箇所の病院を指定しています。
これらの病院は専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行っています。

都道府県がん診療連携拠点病院指定一覧表
 1北海道北海道がんセンター北海道札幌市白石区菊水4条2丁目3番64号
 2青森県青森県立中央病院青森県青森市東造道2丁目1−1
 3岩手県岩手医科大学附属病院岩手県盛岡市内丸19−1
 4宮城県宮城県立がんセンター宮城県名取市愛島塩手字野田山47−1
 5宮城県東北大学病院宮城県仙台市青葉区星陵町1番1号
 6秋田県秋田大学医学部附属病院秋田県秋田市広面字蓮沼44番2
 7山形県山形県立中央病院山形県山形市大字青柳1800番地
 8福島県福島県立医科大学附属病院福島県福島市光が丘1番
 9茨城県茨城県立中央病院地域がんセンター茨城県笠間市鯉淵6528
10栃木県栃木県立がんセンタ−栃木県宇都宮市陽南4−9−13
11群馬県群馬大学医学部附属病院群馬県前橋市昭和町3丁目39番15号
12埼玉県埼玉県立がんセンター埼玉県北足立郡伊奈町小室818
13千葉県千葉県がんセンター千葉県千葉市中央区仁戸名町666−2
14東京都東京都立駒込病院東京都文京区本駒込3−18−22
15東京都公益財団法人がん研究会有明病院東京都江東区有明3−8−31
16神奈川県神奈川県立がんセンター神奈川県横浜市旭区中尾1−1−2
17新潟県新潟県立がんセンター新潟県新潟市中央区川岸町2丁目15番地3
18富山県富山県立中央病院富山県富山市西長江2−2−78
19石川県金沢大学附属病院石川県金沢市宝町13番1号
20福井県福井県立病院福井県福井市四ツ井2丁目8番1号
21山梨県山梨県立中央病院山梨県甲府市富士見1丁目1番1号
22長野県信州大学医学部附属病院長野県松本市旭3丁目1番1号
23岐阜県岐阜大学医学部附属病院岐阜県岐阜市柳戸1番1
24静岡県静岡がんセンター静岡県駿東郡長泉町下長窪1007
25愛知県愛知県がんセンター中央病院愛知県名古屋市千種区鹿子殿1−1
26三重県三重大学医学部附属病院三重県津市江戸橋2丁目174番地
27滋賀県滋賀県立成人病センター滋賀県守山市守山五丁目4番30号
28京都府京都府立医科大学附属病院京都府京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465
29京都府京都大学医学部附属病院京都府京都市左京区聖護院川原町5
30大阪府大阪府立病院機構
大阪府立成人病センター
大阪府大阪市東成区中道1−3−3
31兵庫県兵庫県立がんセンター兵庫県明石市北王子町13番70号
32奈良県奈良県立医科大学附属病院奈良県橿原市四条町840番地
33和歌山県和歌山県立医科大学附属病院和歌山県和歌山市紀三井寺811−1
34鳥取県鳥取大学医学部附属病院鳥取県米子市西町36番地の1
35島根県島根大学医学部附属病院島根県出雲市塩治町89−1
36岡山県岡山大学病院岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5番1号
37広島県広島大学病院広島県広島市南区霞1丁目2番3号
38山口県山口大学医学部附属病院山口県宇部市南小串一丁目1番1号
39徳島県徳島大学病院徳島県徳島市蔵本町2丁目50番地の1
40香川県香川大学医学部附属病院香川県木田郡三木町池戸1750−1
41愛媛県四国がんセンター愛媛県松山市南梅本町甲160番
42高知県高知大学医学部附属病院高知県南国市岡豊町小蓮185番地1
43福岡県九州がんセンター福岡県福岡市南区野多目3丁目1番1号
44福岡県九州大学病院福岡県福岡市東区馬出3−1−1
45佐賀県佐賀大学医学部附属病院佐賀県佐賀市鍋島五丁目1番1号
46長崎県長崎大学病院長崎県長崎市坂本1丁目7番1号
47熊本県熊本大学医学部附属病院熊本県熊本市本荘1丁目1番1号
48大分県大分大学医学部附属病院大分県由布市挾間町医大ヶ丘1丁目1番地
49宮城県宮崎大学医学部附属病院宮崎県宮崎市清武町木原5200
50鹿児島県鹿児島大学病院鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目35−1
51沖縄県琉球大学医学部附属病院沖縄県中頭郡西原町字上原207番地

以上の他、全国には「地域がん診療連携拠点病院」が 346箇所あります。
がん診療連携拠点病院は、厚生労働省 のホームページでご覧いただけます。

がんの病期(ステージ)分類
がん告知とインフォームドコンセント