文字サイズの変更
中


上行結腸がん (上行結腸癌)

ご相談・お問い合わせはこちら
推薦図書プレゼント
資料請求
部位別
情報一覧
情報


漢方医学療法研究会事務局
〒353-0007
埼玉県志木市柏町3-3-35
TEL 048-476-9800
お問い合わせ、ご相談は
平日9時〜17時迄
ガンの種別情報
HOME >  がん(癌)部位別治療情報 >  上行結腸がん (上行結腸癌)
がん(癌)部位別治療情報
上行結腸がん (上行結腸癌)
医療相談
上行結腸がん(上行結腸癌) ステージの進んだ3期、4期(末期)の上行結腸がん(上行結腸癌)では次の様な転移や症状が見られます。
局所再発、リンパ節転移、肺転移、肝臓転移、腹膜転移、骨転移、脳転移、副腎転移、脾臓転移、腸閉塞、腹膜播種、癌性腹膜炎、腹水、むくみ、体力の低下、衰弱、痛みなど。
上行結腸がん(上行結腸癌)治療に不安や行き詰まりを感じたり、化学療法(抗がん剤治療)の副作用の軽減、QOL(生活の質)の向上、延命、治癒を目指す上行結腸がん(上行結腸癌)の治療法を検討されている方。
西洋医学との併用、あるいは西洋医学以外のアプローチ方法もございますので、上行結腸がん(上行結腸癌)治療無料相談よりお問合せ下さい。
上行結腸がん (上行結腸癌)の治療をはじめるにあたり
上行結腸がん (上行結腸癌)の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 最終的な治療方法を患者さんが主体となって決定する時代になりつつあります。
上行結腸がん (上行結腸癌)の治療をはじめるにあたりがん(癌)治療の注意点をまとめましたので参考にしてください。
また医療の進歩とともに治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。
詳しくは「インフォームド・コンセント」「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。
強力な化学療法(抗がん剤)/放射線療法の副作用対策
強力な化学療法や放射線療法を行えば当然副作用も強く、白血球の減少による感染症、血小板の減少による出血などがおこりやすくなります。白血球や赤血球、血小板などが低下することを骨髄毒性(骨髄抑制)といいます。
骨髄抑制により身の回りを清潔に保ちウイルスや細菌などの感染を予防する必要があります。また免疫の低下により帯状疱疹もできやすく、しかも悪化しやすくなります。
治療中は規則正しい生活を送り、免疫力を維持すること、および骨髄抑制からできるだけ早く回復するよう心がけが必要となります。
抗がん剤治療の副作用を軽減し、QOL(生活の質)を維持・向上することを目指した治療について関心がある方は上行結腸がん (上行結腸癌)治療の無料相談よりお問い合わせ下さい。